30代顎ニキビ

 

顎にニキビができる原因

 

30代顎ニキビ

ニキビは汚れや古くなった角質や皮脂が毛穴に溜まることで
ニキビの原因のアクネ菌が増えすぎて肌が炎症してニキビができます。
顎や顔わまりはおでこや鼻に次いで皮脂の分泌が多く
皮脂が詰まりやすいのでニキビが良くできてしまいます。
おでこや鼻はクレンジングや洗顔などで念入りに洗いますが
顎は洗いにくく意外とケアの届かない場所なので
スキンケア不足が原因の事が多いのです。

 

顎は男性ホルモンの影響を受けやすい場所でもあり、
男性ホルモンが分泌されると皮脂が出やすくなります。
ホルモンバランスが乱れる原因は生活習慣にあり
ストレスや睡眠不足や偏った食生活が原因で乱れてしまいます。

 

顎ニキビは生活習慣を見なおして治す。

 

ストレス

ストレス

ストレスを感じると男性ホルモンの分泌が増えて皮脂が過剰に出て
おでこや鼻や顎などの顔周りにニキビができやすくなります。
活性酸素も多く出てしまうので皮脂が酸化しやすく
肌が老化しやすくなってしまいます。

 

ストレス解消には運動やショッピングなどいろいろありますが
ニキビにおすすめなストレス解消方法は
ゆっくりお風呂に入ったりアロマなどでリラックスすることです。
激しい運動は逆にストレスが溜まることもあるので
運動する時は軽めな運動にしましょう。

 

 

睡眠

睡眠

睡眠不足はホルモンバランスが乱れるだけでなく
肌が老化したり記憶力が低下したり新陳代謝が悪くったり
体に悪い事ばかり起こってしまいます。

 

睡眠は1日7時間が理想で寝てから4時間を過ぎると
肌が再生され始め新陳代謝が促進されます。
22時から2時位の時間帯は肌にいいホルモンが出やすいので
この時間には寝ているよう心がけましょう。
忙しい人などこの時間帯に寝るのが難しい人は
規則正しい生活をしているとホルモンバランスが安定してきます。

 

 

食事

食事

食事のバランスが偏っていると直接ニキビができたり
栄養のバランスがとれているとニキビが治ったりするので
ニキビととても関わりが深いと言えます。

 

お肉や魚や野菜など偏りなく摂取するのが大切で
ニキビにはビタミンやミネラルがよく効きます。
レバーや緑黄色野菜や納豆や乳製品が多く含まれています。
しかしビタミンなどだけ取っていればニキビが治るわけでなく
あくまでバランスの取れた食事を心がけましょう。