顎ニキビ洗顔

 

顎ニキビと洗顔

 

顎ニキビ洗顔

ニキビができた時のスキンケアで最も大切なのが洗顔です。
洗顔の目的はホコリなどの汚れや古くなった角質や皮脂を洗って
毛穴を清潔に保つことですが、
ニキビができたことで早く治そうと過度に洗顔したり
強く洗うのは肌を傷つけてしまい悪化してしまいます。
顎は顔の中でも洗えていないこともあるので注意しましょう。

 

顎ニキビの正しい洗顔方法

画像

 

手洗い

手には雑菌などが多く存在していてそのまま洗ってしまうと
汚れが顔中に広がったり泡立ちが悪くなるので
洗顔前に石鹸などで必ず手洗いしましょう。

 

予洗い

32℃前後の少し冷たいくらいのぬるま湯で洗いましょう。
熱すぎると肌の保湿成分やセラミドなどのバリア機能が流れてしまい
乾燥肌の原因になってしまいます。

 

泡立て

画像

洗顔料をそのまま顔につけるのは肌に刺激が強すぎるので
必ず泡立てネットなど使って泡立ててから洗いましょう。
少しずつ水を足しながら作ると弾力のある泡が作れます。

 

洗顔

ポイントは手で洗わずに泡を乗せて転がす感じで洗うことです。
手で洗うと摩擦で角質が剥がれやすく傷ついてしまう原因になるので
おでこや鼻などの皮脂が気になる時以外は手を使わないようにしましょう。
洗顔料が付いているだけで汚れや皮脂を吸着してくれます。
洗顔料が付いている時間が長いほど肌への負担が大きくなるので
目元や口元など弱いところは最後にさっと洗うのがオススメです。

 

すすぎ

画像

予洗いと同じぬるま湯でしっかりすすぎましょう。
すすぎ残しがニキビや肌荒れの原因になったりするので
最低でも20回以上すすぐことを目標にして
生え際や顎下などすすぎ残しやすく洗いにくいところは
特に注意しながらすすぎましょう。

 

保湿

洗顔の後はとても乾燥しやすくそのままにしていると
皮脂が過剰分泌されてしまうのですぐに保湿しましょう。
乳液は油分が多くニキビができやすくなるので
ニキビができている時の使用は控えましょう。