顎ニキビ,化粧水つけ方

 

顎ニキビを早く治すための正しい化粧水のつけ方

顎ニキビと化粧水のつけ方

 

ニキビは乾燥することで皮脂が出て毛穴に詰まりやすくなり、
アクネ菌が増殖してニキビができてしまうため
ニキビを治すためには保湿して肌を乾燥しないことが大切です。
特に顎ニキビができている時は保湿などのスキンケアが
足りていない時にできやすくなります。

 

しかし化粧水をただつけているだけでは効果が十分に発揮されず、
せっかく化粧水で保湿しているのにあまり意味がなくなってしまいます。

 

そこで顎ニキビを治すための正しい化粧水の付け方を覚えて、
より効果的に保湿するようにしましょう。

 

正しい化粧水のつけ方

 

化粧水をつける前に

化粧水をつける前の注意点

化粧水は基本的に洗顔の後につけますが
化粧水でつける前に注意することは
清潔なタオルでしっかり水分をとることです。
顔が濡れたまま化粧水を付けると
保湿成分が薄まってしまうのと
水分と一緒に蒸発してしまうので
肌の奥まで浸透する前に乾いてしまいます。

 

強く拭かずにやさしく拭き取りましょう。

 

化粧水は洗顔したらすぐつける

化粧水をつけるタイミング

洗顔した後は、皮脂や汚れがなくなっているので
肌が乾燥しやすく、とても無防備な状態なので、
化粧水をすばやくつけるようにしましょう。

 

また、毛穴が開いているので化粧水で毛穴を閉じることで
キメが整って美肌効果にも繋がります。
乾燥しやすい時期など特に早くつけるようにしましょう。

 

化粧水をつける量

化粧水をつける量

顎ニキビを早く治すためには化粧水をたっぷりつけることが大切です。
よく【ケチらず、たっぷりつける】とか【化粧水は浴びるようにつける】
など言われますが量が少ないと実際についていない場所があったり、
最初につけたところとが多く、最後に付けたところは薄くなってしまいます。
ムラのないようにつけるためにはたっぷりつけることが重要です。

 

しかし一度につけれる量はそれほど多くつけれないので
2〜3回に分けてつけるのがポイントです。
同じ所からつけずに、頬からつけたら次は顎や顔わまりなど
違う場所からつけていくのもムラなくつけるポイントになります。

 

手?コットン?化粧水のつけ方

化粧水を手でつけるのかコットンでつけるのか

顎ニキビを早く治すためにコットンを使うのは止めましょう。
コットンは正しく使わないと肌が傷ついてしまう可能性があり
肌荒れやニキビの悪化につながってしまいます。

 

顎ニキビができている時は肌が弱っている証拠なので
肌への負担を極力減らすことが大切なので、
化粧水をつける時は手でつけるようにしましょう。

 

化粧水を手で少し温めておくと肌に浸透しやすくなり、
更に化粧水の効果を高めることができます。

 

一度全体的に塗ってから化粧水が染みわたるのを感じたら
化粧水を追加していきます。
目元や小鼻や顎下や顔周りなど細かいところを重点的に塗りましょう。
最後に手のひらや手の甲でチェックして終了です。